細胞を破壊しない放射線治療だから安心できる

車椅子

若い時から検診を受けよう

看護師

がん治療は医療の進歩に伴い、助かる可能性が高くなっています。ただ、医療費は高いままなので、がん保険に加入しておくべきです。一般的ながん保険ではなく、先進医療に対応したものを選んでください。また、早期発見することが大事なので、検診を受けるようにしてください。特に進行が早い、若い世代こそ受けるべきです。

View Detail

沈黙の臓器と言われるわけ

医者

肝臓がんは自覚症状がほぼないため、発見が遅れがちになる病気です。定期的な健康診断などで肝機能検査をうけたり、肝炎ウイルスにかかっていないかの検査を行うことが大切です。また、肝硬変にならないよう、日頃の食生活や生活習慣の見直しを行いましょう。

View Detail

手術より負担は少ない

女性

正常な細胞へのダメージ

がん治療で放射線治療を行う場合があります。通常は外科手術を行うことが多いのですが、やむを得ず外科手術をできない場合、もしくは外科手術後の治療の一環として、さらに外科手術の最中に併用して放射線治療が用いられることがあります。放射線の特性は細胞に分裂機能を停止する働きを持っています。そのため正常な細胞に放射線を浴びると細胞が死滅し本体である人も生きることができなくなります。これを応用してがん細胞の排除に取り入れているのが放射線治療です。がん細胞に効果がある以上、正常な細胞にも悪影響を与えます。この治療法を採用するときには慎重に行う必要があるのです。特に放射線技師の経験や実務スキルが治療に左右する治療です。

ピンポイント照射が肝心

放射線治療は少ない照射量を複数回に分けて照射するのが一般的です。大量に照射するとそれなりに効果はありますが、正常な細胞への影響度も大きくなるのです。また体内の内部にある場合には正常な細胞を通過してがん細胞に照射することになりますので、照射が完全に届きにくく、正常な細胞へのダメージの方が大きくなってしまう可能性があります。このような場合には、放射線治療はできなくなります。最近ではサイバーナイフなどのピンポイントで照射を行う治療法も開発されていますが、放射線をいかにがん細胞だけに照射できるのかが放射線治療のポイントになります。転移がんの予防に使用されることもあります。まだ発見されていないが転移する可能性のある場所に放射線を照射しておくのです。

Recommended Links

  • がん治療にプラス免疫

    治療の詳細情報が説明されているので免疫療法の情報と一緒に確認しておくようにするといいでしょう。気になる人はこちら!

リンパ球のがん

女性

人体を細菌やウイルスから守るリンパ球も、がん化して異常に増殖すると悪性リンパ腫となります。日本人は非ホジキンリンパ腫が圧倒的に多く、T細胞性やNK細胞性と比べてB細胞性が大半を占めます。痛くないしこりから発見されることの多い悪性リンパ腫の治療は化学療法を柱として、B細胞性では分子標的薬も効果的です。

View Detail